看護師

自律神経失調症を治す方法【医療機関でヘルスケア】

体を動かす神経とは

女性

その働きとは

自律神経とは、体の器官の活動を行う交感神経とそれを休息させる副交感神経から成り立つ神経です。昼間活動したりするときには交感神経が働き、夜に睡眠をとるときには副交感神経が働きます。この神経の活動が自動的に切り替わることで体の機能の調節ができているのです。機能の調節がうまくいかなくなると体に様々な症状が現れるようになります。偏頭痛や、肩こり、不眠、便秘、慢性的な疲労など肉体的な症状が起こります。またイライラ、憂鬱、不安感、疎外感などの精神的な症状が出る場合もあります。これらの症状が長引くことにより、病気を疑って検査を受ける人もいますがほとんどが病気が原因ではないと診断されます。そのような場合に、自律神経失調症と判断されることが多くなります。

原因と治療法とは

自律神経失調症は、症状が違うように原因も発症する人によって違ってきます。その原因の一つに社会や学校、家庭での人間関係や仕事、環境の変化などにより起こるストレスがあります。ストレスに弱い性質や体質の人も自律神経失調を発症しやすくなります。また、夜更かしや夜間勤務、不規則な生活習慣なども影響してきます。女性の場合は、女性ホルモンの減少が影響して自律神経失調症になる場合が多くなります。病院での治療は薬物療法が主になり、処方される薬は自律神経失調製剤や精神安定剤、ビタミン剤などが処方されます。女性の場合は、女性ホルモンを補充するホルモン注射が行われることもあります。また、病院によっては自律神経失調症の改善のために漢方を使うところもあります。

脳の癌の話をしよう

病棟

脳腫瘍は検査技術や治療技術の進歩によって今後患者数が減少する可能性がある。また化学療法などが進歩しており、今後、患者の予後が改善される可能性がある。脳腫瘍を発症すると頭蓋内圧亢進症が発症する。この結果、高血圧になり血栓が飛ぶ可能性があるため、血圧の適切な調整が必要になる。

読んでみよう

自律神経の病気とは

女性

自律神経失調症は、更年期の女性が発症することが多く更年期障害とも呼ばれます。女性ホルモンの減少が原因で肉体的、精神的症状が現れます。放置しても自然に治りますが、病気が進行する場合もあります。睡眠不足やストレス、環境の変化などで発症する場合もあります。

読んでみよう

健康のケア

医者

新宿では、地元の健康を守る内科がたくさん存在しているようだ。よくみられる症状のケア、病後や持病のケアまたは検査などを通し貢献している。何かあった場合の対策としては、総合病院と連携をとり対応しているようだ。

読んでみよう