おめでたいことがあったら内祝いを送ろう!基礎知識も確認

ギフト

内祝いというと、お祝いを頂いたそのお返し、つまりお祝い返しのイメージがとても強いのですが、実は本来の意味はお返しではありません。内祝いとは、お祝いごとがあった時に身内や近しい人に幸せをおすそ分けするというというのが本来の意味で、お返しとはまた異なります。ただ、最近ではお祝いを頂いたお返しという意味合いがとても強くなっているそうです。内祝いはどのような時に贈るかというと、「結婚祝い」「出産祝い」「入学祝い」「快気祝い」などです。こういった時に内祝いをお贈りします。贈る時期や金額などにも色々とマナーがあって、贈る時期については約1ヶ月以内に、金額については三分の一から半額程度が良いとされています。

内祝いを贈る時に迷ってしまうのが贈り物の内容です。実際に選び始めたはいいが、商品があり過ぎてどんなものにしたら良いのか迷ってしまうということはよくあることです。贈り物の選び方としては、その人に合わせた贈り物だとセンスが良いでしょう。お相手の好みに合ったものだと、とても喜ばれるでしょうし、「センスがいいな」と感じてくれるでしょう。また、家族構成などに合わせて選ぶのもおすすめです。小さいお子さんがいる家庭だとベビー用品なども良いでしょうし、ファミリー向けの場合日々使う消耗品なども喜ばれるでしょう。お友達同士や職場へのギフトだと個別に包装されたタイプのお菓子なんかもおすすめです。贈り物選びをする時には通販を利用すると、とても簡単に手続きが出来ますよ。

内祝い