医療器具

自律神経失調症を治す方法【医療機関でヘルスケア】

自律神経の病気とは

女性

自律神経失調症は、更年期に差し掛かった女性が発症することが多い病気です。更年期になると女性は、卵巣の機能が低下して女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少してきます。そのため、ホルモンバランスが乱れ自律神経失調症になってしまうのです。これは、更年期障害とも呼ばれ体の様々な器官の調節がうまくいかなくなってしまいます。更年期障害の代表的な症状といえばホットフラッシュです。これは、突然顔が熱くなったりのぼせたりする症状で、激しい運動をしたりしていないのに起こったりします。また、めまいや冷え、肩こりなど起こる症状は人によって違います。中には精神的に不安定になって常にイライラしたり、緊張したり、物事に対する意欲がなくなる人もいます。

更年期に起こる自律神経失調症は、治療をしなくても症状は自然に治まってきます。長くても数年ほどで消えてしまうので放置する人も多いのです。しかし、中には症状が進行して高血圧や糖尿病などの生活習慣病を発症してしまう人もいます。これを予防するためにも定期的な健康診断をすることが必要です。それに、精神的に不安定になった人の症状が進行してうつ病になることもあります。家族や周りの人がただの更年期障害だと思わないで、症状が変化したら心療内科などで診察を受けさせることが大切です。自律神経失調症は、睡眠不足やストレス、環境の変化などが引き金になって起こることもあります。また、これらが原因となり症状が悪化することもあるので注意が必要です。